4月5日(木) 先負
旧暦 2月20日
月齢 18.6 更待月 (中潮)


<二十四節気>
清明 (せいめい)
三月節 太陽視黄経 15 度
万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也(暦便覧) 清浄明潔の略。晴れ渡った空には当に清浄明潔という語ふさわしい。地上に目を移せば、百花が咲き競う季節である。



<行 事>
岐阜伊奈波神社例大祭



<過去の出来事>

前年焼失した江戸城本丸を再建(1640年)

戸籍法を発布する。身分別戸籍(1871年)

ソ連が日ソ中立条約の不延長を通告(1945年)

第1回知事・市町村長選挙を実施(1947年)

英首相チャーチルが政界を引退(1955年)

読売巨人軍の長嶋茂雄が対国鉄戦でデビュー(1958年)

アメリカと小笠原返還協定を締結(1968年)



<記念日>




<今日生まれの著名人>

慈円 (僧侶・歌人 1155年)

ホップス (英・思想家 1588年)

内田魯庵 (文芸批評家 1868年)

カラヤン (オーストリア・指揮者 1908年)

板東英二 (タレント 1940年)

原田大二郎 (俳優 1944年)

吉田拓郎 (歌手 1946年)



<今日の雑学>
戦争好きなチャーチル
第2次世界大戦ではルーズベルトやスターリンとともに連合国側のリーダーとして腕をふるい、53年には『第2次大戦回顧録』でノーベル文学賞も受賞した軍人・政治家、ウィンストン・チャーチルは1955年の今日、政界を引退した。彼は腕白小僧で、子供のころから戦争ごっこが大好きだった。保守党の下院議員だった父親は、息子を法律家にしたいと思っていたが、中学生になったチャーチルが弟とオモチャの兵隊で夢中になって戦争ごっこをしているのを見て、息子はもしかしたら軍人に向いているかもしれないと考えるようになった。父がチャーチルに「軍人になりたいか?」とたずねたると、彼は「なりたいです」と即座に答えたという。父親は息子を法律家にすることを諦め、軍人への道を選ばせることにした。チャーチルは自伝で「オモチャの兵隊が私の人生の流れを変えた」と書いている。