7月5日(木) 友引
旧暦 5月22日
月齢21.3 (宵月) (中潮)


<行 事>


<過去の出来事>

日本の黒い霧、下山事件(1949年)
 1949 年のこの日の朝、国鉄( 現JR) 総裁下山定則は東京・日本橋のデパート三越本店から姿を消し、行方不明となって大騒ぎになった。翌6日未明、常磐線綾瀬駅近くの線路上でれき死体となって発見された。当時、国鉄は大量の人員整理で労使が対立し、世相も騒然。他殺か自殺かで意見が分かれ、激しく議論されたが、結局ナゾに包まれた事件に終わった。アメリカ占領下の「黒い霧」の一つ。

後楽園球場で初ナイター(1950年)

沢松和子、日本選手として初めてウインブルドンで優勝(1975年)
 史上最年少で全日本チャンピオンとなった沢松和子は、1975年に日系3世のアン清村と組んで全英テニス大会の女子ダブルスに出場。7月5日に日本の女性テニスプレーヤーとして初めてウィンブルドン優勝を達成した。

ミニバイクにヘルメットの着用を義務づけ(1986年)



<記念日>

無し



<今日の雑学>

ビキニ水着の由来
いよいよ海のシーズンの幕開け。最近は泳ぐためより見せるための水着が定着した。なかでも大胆ビキニは渚の注目の的。このビキニ水着が発表されたのが1946年の今日。フランスのルイ・レアールが世界で最も小さい水着として発表した。ビキニより先に発表された大胆なカットの水着が、アトム(原子)と呼ばれ、世界で最も小さい水着として評判になっていたことから、それよりもっと大胆な水着ということで、発表の4日前にアメリカの原爆実験を行ったビキニ環礁からその名をとって名前をつけたという。