8月30日(水) 先負
旧暦 7月9日
月齢8.4 九夜月 (小潮)


<行 事>
新潟佐渡小木港祭り


<過去の出来事>

サングラスにコーンパイプのマッカーサー元帥、厚木飛行場に(1945年)
 1945年(昭和20)8月30日、日本を占領した連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥が愛機バターン号から厚木飛行場に降り立った。サングラスにコーンパイプ姿をはじめて日本人の前に現した。この日から6年間、マッカーサーは日本国内の数々の改革を持ち込み、戦後のわが国の体制を決定づけた。

戦後初の国産機YS−11の初飛行に成功(1962年)

植村直己、世界五大陸最高峰登頂に日本人で初成功(1970年)

東京丸の内で三菱重工業ビル爆破事件。死者8人(1974年)

作家・有吉佐和子没。享年53歳(1984年)



<記念日>

無し



<今日の雑学>

73年間も日記をつけた人
学校の夏休みもあと2日。真っ黒に日焼けしたのはいいけれど、宿題の日記帳は真っ白で大慌て、なんて思い出も大人になれば懐かしい。三日坊主になりがちな日記を、文政から慶応末年までのなんと73年間もつけたのは、藤岡屋由蔵という人。紫式部日記をはじめ、数々のすぐれた日記が残されているが、明治12年には、翌年の日付や記入欄を印刷した日記帳が初めて売り出され、庶民にも日記をつける習慣が広まった。明治末年になると学校では、生徒の作文力を育てるために日記が奨励されたというから、夏休みの日記の宿題はこの辺りから始まったのかもしれない。