1月16日(火) 仏滅
旧暦 11月30日
月齢 28.9 晦日月 (中潮)


<行 事>

やぶ入り
えんま詣り


<過去の出来事>

東蝦夷地を幕府の直轄とする(1799年)

ペリーが7隻の軍艦を率いて、再び来航(1854年)

白瀬中尉、南極に到着(1912年)

アメリカで禁酒法の実施(1920年)
 1920年のこの日、悪名高い禁酒法が実施された。この法律は、かのアル・カポネをはじめとするギャングたちの密造・密売をめぐる抗争に発展。極めて道徳的な政策が、結果的には不法な暗黒世界を出現させる事態を引き起こし、1933年12月5日に廃止となった。

日本政府が「国民政府を相手にせず」と声明(1938年)

大日本青少年団が設立(1941年)

岸首相ら新安保調印全権団がアメリカに出発(1960年)

石油第2次消費規制スタート。都市のネオン消える(1974年)

歌舞伎俳優の八世坂東三津五郎、フグ中毒死。68歳(1975年)

俳優・勝新太郎、コカイン所持で逮捕される(1990年)



<記念日>

えんま詣り
仏教では今日と7月16日を「えんま賽日(さいじつ)」とし、地獄の釜のふたが開いて、鬼も亡者も休む日とされる。そのためこの日に寺院のえんま堂にお参りする人が多い。



<今日の雑学>

実在したオールド・パー
1920年1月16日、アメリカで禁酒法が実施された。しかし、マフィアを太らせ、社会を混乱させただけだったため、13年間で廃止された。さて、高級スコッチ・ウィスキーとして有名な「オールド・パー」のラベルに描かれた老人は、実在の人物だというのをご存じだろうか。モデルとなったのは、トーマス・パーなる人物。彼は1483年にスコットランドで生まれ、1635年に152歳で死んだ。しかも、初婚は80歳。子供2人を幼くして亡くし、122歳で妻も他界。すぐ再婚したが、その間に恋愛事件も起こしている。彼の長寿ぶりはイングランドまで伝わり、死の直前にチャールズ1世がロンドンに招き、ルーベンスに肖像画を描かせた。それがオールド・パーのラベルのもとになったという。あの四角のビンも彼の愛用したワインのビンに由来しているそうだ。